娯楽の殿堂 2鯖へようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイドライド3


もう20年以上も前になるのですか




今でも

ふと曲が聞きたくなります

セーブがSRAM?だっけかでそれが無いと記録出来なかったので

試行錯誤してカセットテープでセーブしていたのを思い出します

↑の二つの方法がなかった(お金もない)時

止むを得ずMSX2の電源を落とさずに学校へ行ってたものです

何度かガイザックまでセーブなしでやりましたね

そんなバカが結構いたそんな時代



シンプルだけど味わい深く

ローテクだけれど記憶に残る作品


そんな作品が幾星霜

なんでも楽しかった時代です


2012年

この時代までに

或いは

これ以降の時代に

私みたいな個人からでも

これからの時代にも語り継がれる作品を作り出してほしいと感じ

こんな記事を書いてくれるヒトが出続けることを願います


メタルギア

スナッチャー

ポリスノーツ

スペースマンボウ

パロディウスだ!

信長の野望

Ys

YsⅡ

サーク

ハイドライド

ハイドライド2

ハイドライド3

マイトアンドマジック

ウィザードリィ

ウルティマ

ロードス島戦記

アシュギーネ

A列車で行こう

大戦略

ラストハルマゲドン

など

など


語りつくせない程の名作があります

同じく

語りつくせない程の名曲があります

不自由しかない環境下で

よくもあれだけの名曲が生まれたものです

んで

そんな子供時代を過ごした結果

アーケードゲーム黄金期にはどっぷりとその世界にはまっていきます

よく補導されたりしたものです

でも

一回50円でオールクリアを目指したり
(※その当時の大阪では新作一回50円が普通でした)

ハイスコアを目指してゲーメストへ投稿してもらったり

新作のロケテスト狙いで友達と遠征に出かけたりもしました



懐かしい



最後にもう一つ動画を・・・・

ZUNTATA LIVE DADDY MULK
 

三味線のソロだけは今でも鳥肌が立つ




blogram投票ボタン
スポンサーサイト

【洋楽】 タイプライター


このくっそ寒いのに

皆既月食を見てたらこんな時間になりました


こんばんは


今回はとてもよく晴れた月夜でした

子供達と散歩へ行く時はまるで

浅く

とても明るい

透き通った海の底を歩いているかのようでいい気持ちでした

まぁ

それは置いといて


【Leroy Anderson - Typewriter】

やばいじわじわくる

これはルロイ・アンダーソン作曲のタイプライターという作品です

それを底抜けコンビで有名なジェリー・ルイスがパロディ化したものです

しかし・・・

なぜうp主はこんな映像までもっているのか謎です

業界の方なのか?

はたまた

余程の道楽趣味をもった家系なのでしょうか?

謎は尽きません

おかげで

毎日マッチョメンとセットで見ています


見るヒトによっては

運動会

掃除

給食

番組のOP

など

など

昔を思い起こすかもですね


そんなわけで

風邪をひかないように

昔を懐かしんでさっさと寝やがってください



blogram投票ボタン

【クルマ】 三代目スイフトスポーツ6MTキター!


そんな情報誰得だって?


俺得です


【新型スイフトスポーツ PV】



他にもカービューには↑のPVと同じく

三代目スイフトスポーツ(欧州版3ドア)の動画が掲載されていました

何故か

ようつべの動画を貼ると激重になるのでリンクで手抜き失礼します



さて



三代目は見た感じ二代目とデザインコンセプトは

私にはあまり変わらないように見えました

でも

それがかえって好印象な感

何となく全体のデザインが

ジョルジェット・ジウジアーロっぽくなってきたような気もします

昔のジウジアーロは結構

角の尖ったデザインが多かったのですが

近年では

フロントからリアまで

淀みなく流れるようなラインのデザインが多い気もします

まぁ

BTTFシリーズで活躍したデロリアン社製DMC-12のように

818c930f.jpg

特徴的なエッジの効いたデザインをしていても

何故か

どこかに曲線を多用したようなラインが存在していたり

現在の国産自動車メーカーが出している

無駄なライン

無意味なデザイン

などがなく

個人的にもジウジアーロは大好きなデザイナーです

今の国産車の多くは

デザインをデザインしようとしたなれの果てにしか見えません

トヨタ

日産

ホンダ

スバル

ダイハツ

一体誰を見てデザインした結果がアレなのか

本当に不思議なクルマ作りをしている気がします



そんな中でも



欧州トヨタのデザインするクルマは好きです

今から12~3年前に梅田OSビルにあったトヨタの展示場

アムラックス大阪でヤリスというクルマが展示されていました
(※閉館していたのを今知りました・・・残念です::)

それは

パステルトーンのコンパクトカーが色鉛筆のように

ホントに綺麗にズラっと展示されていたとても印象的なクルマでした
imagesCAB3JQFB.jpg
欧州名ヤリス

つまり

日本名ヴィッツです


当時はまだヴィッツとして日本では登場しておらず

どこか

当時の日本車にはなかったデザインのクルマでした

そのせいか

しばらくヤリスに釘づけになったのを憶えています


なんといいますか・・・・


一言で表現するとすれば

必要なモノがぎゅっと凝縮

したような感じのクルマでした


余程の大家族でもない限り

クルマに必要な『コンパクト』ってこのことなんだろうなぁ



バカな私でも感じられるデザインでした

結果

ヴィッツとして販売すると爆発的に売れましたよね

みんな

直感的にいいものだと感じたんでしょうかね

当時から

景気も冷え込んでいましたし

経済的にも

家族人数的にも

デザイン的にも

色んな面で受け入れられる「デザイン」だったのかも知れません


現在の軽自動車を含むコンパクトカーを取り巻く環境は

衝突安全基準をクリアするために

昔よりもボディサイズを広げる傾向にあります

それは

室内を衝撃から守るためであったり

対人衝突時には

衝突時の衝撃緩和のためにわざと空間を設けたり

など

など

色々な恩恵があるようです

今のところは

デザインともバランスが取れている気もしますが

いつかは

安全面優先でデザインされる時が来るのかも知れませんね

それはそれで

少し寂しい気もします




スイフトスポーツから大きく話がそれました




要は「デザイン」だと思います

流行を作ろうとするのではなく

初代ヤリスや二代目スイフトシリーズのように

見る人の目線に合ったクルマを

今後も生み出せるかどうかが大切なのだと思います


キープコンセプトしつつも歴代が愛され続けるクルマ


少し前の欧州車がそうであったように

日本でもその流れを汲むデザインを見かけます


軽自動車=スズキ


この流れを払拭したかったスズキは

世界戦略車として二代目スイフトを開発しました

欧州での評価は上々で

日本国内でも日本車離れしたデザインに評価も高いようです


なんでもかんでも


衝撃を吸収することが上質だと思っている日本人には

ある意味で衝撃的で

ある意味ではとても新鮮だったのかも知れません

結構

足回りはカタイと思いますからね


でも


それが

スイフトを代表する様に

操作などにも手応えがある

面白いクルマをスズキが開発出来るという

あまり知られてはいませんが

コンパクトカーの老舗がだした答えの一つのような気もします


市場のニーズを把握し

ファンの気持ちを理解し裏切らず

選んでくれるヒトをしっかり見て

デザインをいい意味で頑固に貫く


試乗してみないと今とは比べられませんが

そんな期待に応える国産メーカーが増えてくれると私が喜びます


最近


クルマの記事が多いのですが

年末から来春にかけてニューモデルのラッシュが始まります

そんな中

魅力的な海外勢に圧されることなく

日本発のデザインを見せつけて欲しいと思う午前3:44でした



6MT化マジうれしい!



blogram投票ボタン

【洋楽】 Marilyn Monroe


こんな映像が存在することがシンジラレナイ


【168 高画質、高音質で見る洋楽名曲選 Marilyn Monroe-Diamonds Are A Girl's】


やばい

しばかれたい



しかし

この誤魔化しのきかない時代にこの可愛さ!

セクシーなのに可愛らしさをも兼ね備えるなんて・・・・

しかも歌もうまいときてます


流石はマリリン・モンローといったところでしょうか?

いやぁ

こんなヒトが傍にはいたら夢中になる気もわかりますね



blogram投票ボタン

【洋楽】 R34スカイライン


お昼はまだまだ暑いですね


こんにちは


こんなに暑いとアイスが食べたくなります

私自身は

あんまり甘い物はスキではないのですが

pino2010.jpg

森永のpinoは時々買って食べています

それというのもこのpino

極稀にカタチの違うpinoが入っている時があるとかないとか

それは

☆型であったり

❤型だったりするとか?


なので


最近は意地になって食べています


出ませんけど!


コレ

1%逆鱗クラス臭がします

さすがはカプコン由来の物欲センサー

リアルにまで影響を及ぼしているようです

そして


今日も買って帰りますが構いませんね!


でしょうね

きっと


さて


前座はこのくらいにしといてですね

最近では

たくさんの方が始めているツイツター

私も手を出しています

↖のプラグにも見えてると思います

そんなツイツター

私がフォローしている中に

日産自動車株式会社があります

電力で走る世界初の量産車リーフ

この車の開発などのレポートや

実際に試乗された方のリツイートなどが興味深く

結構前からフォローしています

そんな

日産さんのツイートの見てると少し前にこんなのがありました

WS000000057.jpg

タイムラインを遡って見てると

自社の車より他社の車で採用されたお話で盛り上がる



いう風なサービスぶり

会社で叱られないのか心配です

そんな

私は少しこの流れに乗り遅れてしまった感

なので

ここで一つプッシュしておきます


【[NISSAN] スカイライン R34 4ドア 「ボディは力だ」 CM】



このCMを見た時はさすがにシビレました

これは

ヴァン・ヘイレンの『You Really Got Me』という曲です


【PV 1Mbps】Van Halen - You Really Got Me



それと

彼らはデヴューの際

面白いエピソードをもつグループでもあるようです


エドワード(エディ)とアレックスのヴァン・ヘイレン兄弟は、
オランダのナイメーヘンに生まれる。
クラリネット奏者だった父親の影響で、
幼い頃からピアノやバイオリンなどのクラシック音楽を学んだ後、
アメリカのロサンゼルス近郊のパサデナへ一家で移住すると共に、
ロックンロールやポップスに興味を持ち、兄・アレックスがギターを始め、
エディがドラムを購入、練習を始める。
しかし、エディがドラム購入のために借りたお金を返すためにしていた新聞配達の間に、
アレックスが勝手に叩いていたところ、
いつの間にかエディより巧くなってしまったため、
お互いの楽器を交換し合うというエピソードが伝えられている。

その後、ヴァン・ヘイレン兄弟はジェネシスというバンドを結成。
トロージャン・ラバー・カンパニー、ブローケン・コムス
などと名前を変えつつ活動を続ける。
兄弟揃ってパサディナシティカレッジに入学すると、バンド名をマンモスとして、
対バンド仲間であり校内で人気を争っていたレッド・ボールジェッツから
デイヴィッド(デイヴ)・リー・ロスを引き抜く。
マンモスはPA機材をデイヴから借りていたが、
そのレンタル料が惜しくなっての引き抜きだったとも言われる。
また同じ学校のスネイクというバンドから
ヴォーカル兼ベーシストのマイケル・アンソニーを迎え入れ、
デイヴの提案によりバンドは名前をヴァン・ヘイレンと改める。
ちなみに
イギリスでは「ヴァン・ハーレン」、オランダ語では「ファン・ハーレン」と呼ぶ。

バンドはパサデナを中心に、
ロサンゼルスやハリウッドなどのクラブでライヴを重ね、徐々に人気を集めていく。
この頃のレパートリーは、
レッド・ツェッペリンやキッス、ZZトップ、エアロスミス、ディープ・パープル
などのカヴァー曲を中心に、オリジナルを織り交ぜたものだった。

1976年、キッスのジーン・シモンズの資金援助を受け、デモテープを作る。
しかし、レコード会社は興味を示さなかった。
1977年11月、レギュラー出演していたクラブに、
ワーナー・ブラザーズ社長のモー・オースティンと、
プロデューサーのテッド・テンプルマンが突然現れバンドに契約書を渡し、
24時間以内の契約を迫ると、バンドはその場で契約を決めた。

※wiki抜粋


ワーナーの社長もさることながら

まさかのKISS

ジーン・シモンズがデモテープ作りで援助していたとは知りませんでした
(ジーン結婚おめでとう!)

ジーンはプロデューサーとしてもっと名を残せるかもです

そんな

ヴァン・ヘイレンを語る際には外せない曲があります


【084 高画質、高音質で見る洋楽名曲選 Van Halen - Jump】



個人的には

80年代の洋楽黄金期でもっとも有名な一曲だと思います

FMでヘヴィローテーションに入っていたかも知れません

バイト先でよく聴いていた記憶があります

ナツカシス



ところで


このCMに登場しているスカイライン

これは

日産最後のスカイラインとも言われています

我々が愛称で呼ぶR34(歴代の型番号です)は

日産スカイラインの終焉を迎えた名車だと思っています

今のスカイラインは全くの別の車です

あんなの

スカイラインと名乗ることすら許せません

日産も売り上げで苦戦していますが

アレは

別のコンセプトモデルとして

別名でデヴューさせた方がよかったと思われるいい例だと思います

車好きでもなければどーでもいいことなんですが

中身も見た目もコンセプトも全くの別物なんですアレ

そして

スカイラインと言えば

ハイエンドモデルとして頂点に君臨するGT-Rがあります

これも

スカイラインとしてはR34(BNR34)スカイラインGT-Rで途絶えました
70100320276.jpg
このスカイラインGT-R

デイヴュー当初の海外車評論家がこんな評価を下しているのを覚えています

走行性能などは非の打ちどころがなく素晴らしい

でも目を瞑って乗ればだけどね


うろ覚えなんですがこんなカンジのこと言っていました

コレ

車の性能は量産車としては文句なく世界一であり

販売価格、供給量、サポート、走行性能などなど

量産車としては

他の自動車メーカーのスポーツモデルとは一線を画すとまでの評価もありました

それはそうでしょうね

1000万円以内で手に入る世界で屈指の車を普通に買えたんですから
(それでも高嶺の花には変わりませんが・・・維持費的な意味で;;)

けれど

目を瞑れば

と言うのは

海外の評論家からしてみれば

R34スカイラインGT-Rの内外装デザインは

本当にどうしようもなく酷いと見られていたようです

たしかに

テールランプやその周辺のラインは好みが分かれると思います

でも

あれが日産なんですけどね

そんな日産らしさはCMにも表れていると思います


ボディは力だ


このキャッチコピーは

もしかすると日産が1980年代に取り組んで来た


「1990年代までに技術の世界一を目指す」


という社内プロジェクトがありました

それを901運動

もしくは

901計画と呼ばれ

その当時の日産を盛り立てた名車には

S13シルビア

Z32フェアレディZ

R32スカイライン

など

現在でも名車と語り継がれる車を世に送り出しています


それらの血が脈々と流れていたからこそ

ボディは力だと銘打ったのかも知れませんね

R34スカイライン発表当時

日産の業績は芳しくなく

カルロス・ゴーン体制へと変革が始まる際

業績回復などの一環のため901計画は終了しています

とはいえ

現在は日産にもGT-Rはあります

GT-R_01_Wallpaper_1024x768.jpg

現在はスカイラインの名前を持たず

独立してGT-Rを名乗っています

ここまでやってくれるならGT-Rだなと思えるんですが

一般のスカイラインがどうにもアレなのが残念です


まぁ


どっちにしても高嶺の花には変わりありませんね

いつか

R32スカイラインGT-Rの状態のいいのがあったら

我が家の大蔵省と相談しつつ買いたいなぁ・・・



思う今日この頃でした



blogram投票ボタン

【MHF】 F2ですか・・・


一応載せておきます

【MHF】フォワード2・跳影、熱帯の猛き脊族!【PV】


うん

まだDMCだったら理解できる



嗚呼・・・


MHFは終わったな・・・・


※あくまで個人的な感想です




blogram投票ボタン

【FF14】 ムーンレット


今年も九月に入り

朝晩

とても涼しい季節になりつつあります

やっと本気だせる季節到来です

蟲の鳴き声も変わりつつある夏の終わり

みなさまは如何お過ごしでしょうか?


まぁ


どうでもいいんですけどもね



さて



涼しい夜風にあたりながらコレを書いていますが

今日もよく晴れた月夜で嬉しい限りです

夜道は明るいし

子供たちの散歩が楽しくて仕方がありません


そんな


月つながりでのお話

1137_0.jpg

FF14で行われている季節イベントです

ハンターズムーン/双月の噂



ゆーわけで逝ってきました


WS000000018 (880x494)

見えます?

わかりますかね?

少し大きめのイヤリングのようです


WS000000023 (880x494)

性能超ビミョー




WS000000025 (880x496)

一応

双月を模してデザインされてはいますが

双月と言う位なので

もう片方のイベントも今後はあるのかも知れませんね




WS000000030_20110908195937.jpg

もう・・・・

いい加減エクレアやめろって何度言わせれば気が済むのでしょう


開催場所と開催期間は

開催期間
2011年9月6日(火) 17:00頃 ~ 2011年9月20日(火) 23:59頃


ハンターズムーン
開催期間中、以下の場所に特殊なモンスターが出現するようです。


ラノシア
レッドルースター農場周辺 / 東ラノシア ブラッドショア (36, 25)
ハーフストーン入植地周辺 / 西ラノシア バルドノール (7, 20)


ザナラーン
8号霊銀試掘場周辺 / 東ザナラーン ハラタリ (40, 28)
旅亭「コッファー&コフィン」周辺 / 西ザナラーン ホライズンエッジ (9, 27)


ティノルカ(黒衣森)
バスカロン監視所周辺 / ティノルカ南部森林 トランキルパス (35, 43)
ホウソーン家の山塞周辺 / ティノルカ東部森林 ナインアイビー (50, 32)

※公式抜粋



ちなみに

このイベントには専属のNPCが各都市にたぶんいます

私はグリダニアとウルダハでしか見ていませんが

たぶんリムサ・ロミンサにもいると思います

まぁ今回のお話の顛末が聞けるくらいです

あとは

WS000000045_20110908201202.jpg

↑のように公式のマイキャラクター背景が変わるくらいでしょうか


まぁまぁ良かったです


それとですね


このイベントにでてくる

「白いネズミ」



ゆーのは見た目ドーマウスと変わらないのですが

ざっと見た感じランク違いの2種いるようです

どちらも???ナッツを落とします

今回のイベントの目的であるムーンレットもたまに落とします

私は速攻出たのでスグに終わりましたが

出ないヒトはセンサー全開なのか延々と張り付いていました

もしかしたら

ナッツにも使い道があって

それ目当てで狩場を独占し続けているのかも知れません

見た感じ

あまりいい気がしません


このイベントは


特に場所を指定されている訳では無いようなので
(NPC的には場所指定してきますが)

気軽に移動やリーブ&納品ついでにやる

ってくらいでいいと思います

でも

それほど長い期間はやってないみたいなので

まだの方はお早めに挑戦してみてください



【S.S.S.】


槍術がR50になり桜華狂咲に開眼しました

WS000000039 (880x494)

数か月前の桜華狂咲とは似ても似つきません



WS000000040 (880x494)

闘術の猿猴九連掌に近い臭いがします



WS000000041 (880x494)

けれど

桜華狂咲を使ったのはこの一回だけでした

さて

次は何にしよーかなー





blogram投票ボタン
FF14・攻略ブログ

【SBR】 T.Rex - 20th Century Boy


今日は涼しくて

とてもよく晴れた月空です

子供達の散歩も快適そのものでした

そろそろ

冬毛の準備なのか抜け毛が多い罠

日本犬はそうでもないんですけどね~


それはさて置き


今日は

前から気になっていたグループの曲で

夕食もまだですし

まぁテキトーに貼っておしまいにする作戦です


【T.Rex - 20th Century Boy】



曲はよく耳にしていたんですがバンドはよく知りませんでした

でも超カッコイイ!



さて

この20th Century Boyという曲は

漫画家 荒木比呂彦さんの作品

スティール・ボール・ランでもスタンドとしても登場しています(以下SBR)

SBRは実質的にジョジョの奇妙な冒険の第7部にあたります

そこで登場するマジェント・マジェントのスタンドが

20th センチュリー・ボーイだったりします

20080913_357166.jpg


ちなみにこの20th センチュリー・ボーイ

スタンド発動中はマジェント・マジェントの身体を包み込みます

その間のあらゆる攻撃は「全て」地面へと受け流してしまいます

ですが

その間は解除しない限り身動きすら出来ません

でも私が見る限り

今までのスタンドでは無敵の防御を誇るスタンド能力かも知れません


でもあんまりしゃべると


まだ読んでいないヒトへのネタバレになりますし

今日はこのへんで勘弁してあげます


ちなみに


20th Century Boyは20世紀少年でも使われています

平成生まれのヒトは

この作品で初めて耳にしたのではないでしょうかね


imagesCA3HD5EJ.jpg


さて

そんな名曲20th Century Boyなんですが

調べてみると彼らT.Rexは活動停止しているようです

1947年に生まれたマーク・ボランがリーダー。
1970年代前半にグラムロックと呼ばれるムーブメントを巻き起こす。
デヴィッド・ボウイとともに、そのグラムロックを代表するアーティストである。
その官能的な音楽は、T・レクスタシーと言われた。

1968年にデビューした頃はアコースティック・ギターと
ヴォーカルのマーク・ボラン、パーカッションのスティーヴ・トゥックの二人組で、
ティラノザウルス・レックス(Tyrannosaurus Rex)と名乗り、
フォークロック・グループとして一部でカルト的な人気を誇った。
デビューアルバム『ティラノザウルス・レックス登場!!』をリリースし全英15位を記録。
その後、新しいパートナーにミッキー・フィンを迎え、
エレクトリック・ギターを導入したのは1970年だった。

1970年12月に「T.Rex」とバンド名を短縮、
「ライド・ア・ホワイト・スワン」の大ヒットでスターダムに。
71年にベースのスティーヴ・カーリーとドラムのビル・レジェンドが加わり、
4人組のバンドになって初めてのアルバム『電気の武者』がUKチャート1位の大ヒット。
「ゲット・イット・オン」「ジープスター」といった人気シングルも生まれ、
グラムロック・グループとして一斉を風靡。第2のビートルズと言われた。
また、デビュー当初からのプロデューサーであり、
ストリングスを大胆に用いた独特のサウンドを構築したトニー・ヴィスコンティも、
彼らの成功に伴って名声を得る。

1972年に『ザ・スライダー』、
1973年には『タンクス』と次々にヒットアルバムを出す。
日本でも武道館公演を行なうほどの人気で、1973年にリリースされたシングル、
「20センチュリー・ボーイ」は当時の日本盤の発売元、
東芝EMIのスタジオでレコーディングされた。
しかし、アメリカではそれほど成功できなかった。

1974年に入るとグラムロックブームが終わり、急速に人気はしぼんでいった。
人気急落後のマーク・ボランは、もともと利己的だった性格が、
手が付けられない程になり、全盛期を支えた仲間が次々と去り、
自身の麻薬中毒ともあいまって、危機的な状況を迎える。
この時期の楽曲はブラック・ミュージック色を取り入れたもので、
現在ではそれなりに評価されているが、不摂生の祟ったマークは太ってしまい、
ビジュアル面で精彩を欠いたことも致命的であった。
やがて、息子の誕生などを機に、再起をかけて生活を改め、バンド・メンバーも一新。
当時勃興しつつあったパンク・ロックにも興味を示し、
人気・評価は徐々に持ち直しつつあった。
しかし、1977年9月、愛人グロリア・ジョーンズが運転する車が街路樹に激突し、
同乗していた彼は29歳の若さで世を去った。

バンド名がT.Rexとなってからは、殆どマークのソロプロジェクト状態だったが、
後年はそれがより鮮明になっていた。
そのため、彼の死でT.Rexは活動を永遠に休止した。

※wiki抜粋



わりと波乱に満ちたグループかもです

20th Century Boyが1973年リリースというのも驚きます

70年代にこんな曲が存在していたなんて信じられません


いかに現代がスカスカなのかよくわかりますね


素晴らしいヒトもたくさんいるのですが

新世代がどうも・・・って感じがします

もっとこう

ハジケていてガツンとくる音楽を聴きたいですね

ロックだけでなく

バラードもいいですね

てか

ジャンルにこだわらなくていい気もします




さて




おなかも空いてきました



これから何年も後

もっと

我々が齢を重ねていても決して色褪せない

そして

その曲を聴いた時を思い出すような曲が生まれるといいですね


老後は暖炉の前で

ロッキングチェアに揺られながら

ハードロックを聴いてみたいものです



blogram投票ボタン

【Queen】 Googleの粋な計らい


今日

9月5日はQueenの偉大なボーカリスト

フレディ・マーキュリーの誕生日です


皆が知るように


彼は1991年 11月24日にHIV感染による合併症で他界しています

45歳という若さでした


そんな


フレディの誕生日にGoogle先生がやってくれました

WS000000017_20110905120906.jpg


今日の内だったらこのロゴ再生でサプライズが起こり

Don't Stop Me Nowがアニメーションと共に流れるという

ファンには涙ものの演出が仕込まれています

【見れなかった方へニコ厨からの贈り物】


もとになった曲は↓です

【Queen-Don't Stop Me Now】



この動画にも

Googleのサプライズに気が付いたヒトがお祝いのコメントを贈っています


もう二度と

本人に直接コメントを贈ることができませんが

ニコ厨にはニコ厨なりの愛情表現として

お祝いコメントを書かせていただきました




惜しいですね




どうして

こうもヒトに愛されるヒトは

早く逝ってしまうのでしょう


今になってQueenの偉大さが身に沁みます



さぁて



元気もらったし午後もガンバりますか!

freddiemercury2.jpg





blogram投票ボタン

【洋楽】 Village People


最近

ニコニコ動画でまだ見ぬ

未体験の洋楽めぐりをするのが日課になりつつあります


そんな


魅惑の洋楽の中に措いて特に異彩を放つグループがあります


Village People(ヴィレッジピープル)


800px-VillagePeople1978.jpg
左から

カウボーイ  ランディ・ジョーンズ
バイカー   グレン・ヒューズ
インディアン フェリペ・ローズ
ポリスメン  ヴィクター・ウィリス
道路工事人  ディヴィッド・ホードー
GI     アレックス・ブレイリー

フランス人音楽プロデューサーのジャック・モラリが仕掛け人。
モラリが、ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジにあるゲイ・ディスコを訪れた際に、
インディアンの衣装を身に着けたダンサー、フェリペ・ローズを発見。
また、その周辺ではカウボーイや道路工事人のコスプレをした男達が踊っており、
これを見たモラリが「ゲイの象徴的グループを作ろう」と思いついたのが始まりである。
グループ名は前述の「グリニッジ・ヴィレッジ」に由来する。

グループ結成にあたり、モラリはまずフェリペ・ローズをスカウト。
そして、ミュージカル俳優やシンガーとして既に活躍していた、
ヴィクター・ウィリスをリードボーカルに抜擢し、
その友人でシンガーのアレックス・ブレイリーもバックボーカルとして加入させた。
その後、新聞に「ゲイのシンガーで、マッチョ・ルックの人求む」
という広告を打ち出してオーディションを行い、その結果、
デイヴィッド・ホードー、
ランディ・ジョーンズ、
グレン・ヒューズ
(イギリスのミュージシャン、グレン・ヒューズとは別人)の3人がメンバー入りした。

初期のヴィレッジ・ピープルは、
ゲイ・ディスコでの営業等を中心にアンダーグラウンド的な活動を行っていたが、
ゲイ受けを狙いすぎたヴィジュアルや音楽性が裏目に出てしまい、
ターゲットとしていた肝心のゲイ達からは
「ゲイをパロディ化している」と受け止められ、
あまり良い反応は得られなかったという。
そこで、
ゲイに限らず一般の人々にも受け入れられるようにポップ路線へと変更したところ、
それが功を奏し世界的スターとして大成功を収める結果となった。

※出典wiki




日本ではまず考えられないグループでしょうね

彼らは別に色物キャラでウケを狙っている訳では無く

人気

実力

共に折り紙つきのグループです

特に

日本では替え歌やCMでは知らず知らずの内に

多くの日本人が彼らの歌を聴いています



けっ!ゲイの歌なんて聴くわけねーだろ!




そう思うのは大間違いです

余程の平成生まれでない限り耳にしているはずです


【Village People - Y.M.C.A.】



この曲は日本で西城秀樹さんにより

YOUNG MAN (Y.M.C.A.)としてカバーもされています

ヴィレッジピープルが原曲ですが



Y.M.C.A.を聴いたことがない



そんなヒトを探す方が難しいかも知れませんね

でも

これだけではありません

他にもあります



【Village People -Go West】



これはペットショップボーイズのカバーで有名ですね

それよりも

このGo Westという曲は

リリースされた時代を色濃く反映した名曲でもあります

東側のソビエト連邦(当時)と

西側のアメリカ合衆国との間で繰り広げられた東西冷戦時代


これが時代背景とはなりますが


「みんなで西へ行こう!」


そんな当時の国際情勢を反映しているかのようにも受け取れるし

あるいは

ゲイの聖地と言われ

ゲイに対して比較的理解のある


「サンフランシスコへ行こう!」


そんな風にも受け止められる

とても味のある

とても深い歌詞を織り込んだ歌です



他にもあります


【Village People - In The Navy】



私は見たことがないのですが

どうやら何かのTVCMで使われたそうです

私はそれよりもこの

In The NavyのPVがあまりにも秀逸でなんとも言えません

出来れば

直接ニコニコ動画のプレミアムでご覧になる事をオススメします

日本の陸自&海自もこれ採用しろ


さて

トドメはコレです


【Village People - Macho Man】



これもニコニコ動画で直接

何も言わずにプレミアムで見てください

和訳の緑(太字)が伝説を作っています


体感的にとても長く険しい5分間かも知れませんw


でも癖になります

おまけに

再生数   275.424
コメント数   7.236
マイリス数   6.893

※2011/9/4現在



なにコレ

マイナーな洋楽としては飛びぬけた数値です

しかも

それぞれが異常な数値を叩き出しています

すばらしいです



さらにさらに



今年行われたサマーソニック2011に出演も果たしました

行きたかったなぁ!!!!!!!!!!!!


せめて大阪でもやってくれれば・・・

私はいけなかったのでわかりませんが

どうやらマッチョメンを熱唱してくれたそうです



あああああああああああああああああ!!!!!

行きたかったあああああああああああああああ!




はぁ・・・



でも

いつまでも元気に活動してください

チャンスがあればライヴに行きます!


今回は


特にゲイでもないのに興味を持ってくれたらいいなぁ



そんな思いで色々と書いてみました



そのせいでアッチ側へ入り込んでも責任は負えませんが

魅力的な曲を発信するヒト達って何故か

ゲイやバイの方が多いんですよね
※皆が皆ゲイとは限りません

もう亡くなりましたが

クィーンのフレディ・マーキュリーもそうでした

あっ

そういえば

明日9/5はフレディの誕生日だったかも?

だったら

天国へお誕生日おめでとう!です


それはそれとして


私は別に彼らを異端扱いはしません

そんなヒトもいるんだと認識する程度です

理解はできますが私はノンケですので悪しからず


表現者として彼ら

ヴィレッジピープルは格が違うということです




色んな差別

社会的な偏見の目

様々な苦労があったと思います



それらを飲み込み乗り越え

今では世界的に名の通ったスターへと駆け上がりました

私は

音楽とは

こういった表現方法もあってもいいのではないかな?



ヴィレッジピープルを見る度に思います


特に最近の日本の音楽を「視ている」とそう感じます


有体に云えばつまらないのです

訴えかけるものが感じられず

底が浅く

あやふやで

10年後に耳にする機会もないような気もします


なんといいますか


尖った「何か」が欠けている

とか

パワーが「足りない」

とか

そんなレベルではないのです


なんかスカスカな気がするのです


一発屋と言われても

一発当てられる実力を持ったヒトが

ここ最近はいないなぁ



いうのが本音です



商業価値のある

ビジネスモデルとしての音楽は

ここ最近

日本勢よりも

韓国勢の方がパワーを感じます


私は


特に韓国だからと偏見を持つつもりはありません

事実

勢いがあるのは韓国勢のグループです

それは

日本が日本の音楽から商業的価値を

日本の音楽にあまり見いだせないと判断したからかも知れません


嘆かわしい限りです


ビジネスだからと正当化した言い訳にも聞えます

残念です

日本はもっと

発掘

育成

環境

など

数年先を見据えてサポートする必要があると思います


今はこんな状態ですが

海外にも対抗できる音楽をどんどん

もっと!

アーティストとして

表現者として

世に出て欲しいなぁ



そう思います


今回のヴィレッジピープルのように

誰がここまで成功するのか?



思うようなグループでも

チャンスを活かす実力がある人材と

やり通す信念があるからこそ

今年のサマソニ2011に出演するまでになったのだと思います

これはもう

ネタグループだとかゲイだとかではありません

誰の目から見ても

彼らの手で勝ち取ってきた実力なのだと思います


ここまでやり抜いた彼らのように

日本の音楽も何かを貫き通して欲しいなぁ

と思います


歳をとっても


またライヴに行きたいな!

そう思える

新しい日本の音楽に出会えることを楽しみにしています

つーか

サマソニとか

できれば地方にも来てほしい今日この頃でした



blogram投票ボタン
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。