FC2ブログ

Welcome to my blog

死の恐怖

死の恐怖


今日は涼しくて

とてもよく晴れた月空です

子供達の散歩も快適そのものでした

そろそろ

冬毛の準備なのか抜け毛が多い罠

日本犬はそうでもないんですけどね~


それはさて置き


今日は

前から気になっていたグループの曲で

夕食もまだですし

まぁテキトーに貼っておしまいにする作戦です


【T.Rex - 20th Century Boy】



曲はよく耳にしていたんですがバンドはよく知りませんでした

でも超カッコイイ!



さて

この20th Century Boyという曲は

漫画家 荒木比呂彦さんの作品

スティール・ボール・ランでもスタンドとしても登場しています(以下SBR)

SBRは実質的にジョジョの奇妙な冒険の第7部にあたります

そこで登場するマジェント・マジェントのスタンドが

20th センチュリー・ボーイだったりします

20080913_357166.jpg


ちなみにこの20th センチュリー・ボーイ

スタンド発動中はマジェント・マジェントの身体を包み込みます

その間のあらゆる攻撃は「全て」地面へと受け流してしまいます

ですが

その間は解除しない限り身動きすら出来ません

でも私が見る限り

今までのスタンドでは無敵の防御を誇るスタンド能力かも知れません


でもあんまりしゃべると


まだ読んでいないヒトへのネタバレになりますし

今日はこのへんで勘弁してあげます


ちなみに


20th Century Boyは20世紀少年でも使われています

平成生まれのヒトは

この作品で初めて耳にしたのではないでしょうかね


imagesCA3HD5EJ.jpg


さて

そんな名曲20th Century Boyなんですが

調べてみると彼らT.Rexは活動停止しているようです

1947年に生まれたマーク・ボランがリーダー。
1970年代前半にグラムロックと呼ばれるムーブメントを巻き起こす。
デヴィッド・ボウイとともに、そのグラムロックを代表するアーティストである。
その官能的な音楽は、T・レクスタシーと言われた。

1968年にデビューした頃はアコースティック・ギターと
ヴォーカルのマーク・ボラン、パーカッションのスティーヴ・トゥックの二人組で、
ティラノザウルス・レックス(Tyrannosaurus Rex)と名乗り、
フォークロック・グループとして一部でカルト的な人気を誇った。
デビューアルバム『ティラノザウルス・レックス登場!!』をリリースし全英15位を記録。
その後、新しいパートナーにミッキー・フィンを迎え、
エレクトリック・ギターを導入したのは1970年だった。

1970年12月に「T.Rex」とバンド名を短縮、
「ライド・ア・ホワイト・スワン」の大ヒットでスターダムに。
71年にベースのスティーヴ・カーリーとドラムのビル・レジェンドが加わり、
4人組のバンドになって初めてのアルバム『電気の武者』がUKチャート1位の大ヒット。
「ゲット・イット・オン」「ジープスター」といった人気シングルも生まれ、
グラムロック・グループとして一斉を風靡。第2のビートルズと言われた。
また、デビュー当初からのプロデューサーであり、
ストリングスを大胆に用いた独特のサウンドを構築したトニー・ヴィスコンティも、
彼らの成功に伴って名声を得る。

1972年に『ザ・スライダー』、
1973年には『タンクス』と次々にヒットアルバムを出す。
日本でも武道館公演を行なうほどの人気で、1973年にリリースされたシングル、
「20センチュリー・ボーイ」は当時の日本盤の発売元、
東芝EMIのスタジオでレコーディングされた。
しかし、アメリカではそれほど成功できなかった。

1974年に入るとグラムロックブームが終わり、急速に人気はしぼんでいった。
人気急落後のマーク・ボランは、もともと利己的だった性格が、
手が付けられない程になり、全盛期を支えた仲間が次々と去り、
自身の麻薬中毒ともあいまって、危機的な状況を迎える。
この時期の楽曲はブラック・ミュージック色を取り入れたもので、
現在ではそれなりに評価されているが、不摂生の祟ったマークは太ってしまい、
ビジュアル面で精彩を欠いたことも致命的であった。
やがて、息子の誕生などを機に、再起をかけて生活を改め、バンド・メンバーも一新。
当時勃興しつつあったパンク・ロックにも興味を示し、
人気・評価は徐々に持ち直しつつあった。
しかし、1977年9月、愛人グロリア・ジョーンズが運転する車が街路樹に激突し、
同乗していた彼は29歳の若さで世を去った。

バンド名がT.Rexとなってからは、殆どマークのソロプロジェクト状態だったが、
後年はそれがより鮮明になっていた。
そのため、彼の死でT.Rexは活動を永遠に休止した。

※wiki抜粋



わりと波乱に満ちたグループかもです

20th Century Boyが1973年リリースというのも驚きます

70年代にこんな曲が存在していたなんて信じられません


いかに現代がスカスカなのかよくわかりますね


素晴らしいヒトもたくさんいるのですが

新世代がどうも・・・って感じがします

もっとこう

ハジケていてガツンとくる音楽を聴きたいですね

ロックだけでなく

バラードもいいですね

てか

ジャンルにこだわらなくていい気もします




さて




おなかも空いてきました



これから何年も後

もっと

我々が齢を重ねていても決して色褪せない

そして

その曲を聴いた時を思い出すような曲が生まれるといいですね


老後は暖炉の前で

ロッキングチェアに揺られながら

ハードロックを聴いてみたいものです



blogram投票ボタン
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply