FC2ブログ

Welcome to my blog

死の恐怖

死の恐怖


そんな情報誰得だって?


俺得です


【新型スイフトスポーツ PV】



他にもカービューには↑のPVと同じく

三代目スイフトスポーツ(欧州版3ドア)の動画が掲載されていました

何故か

ようつべの動画を貼ると激重になるのでリンクで手抜き失礼します



さて



三代目は見た感じ二代目とデザインコンセプトは

私にはあまり変わらないように見えました

でも

それがかえって好印象な感

何となく全体のデザインが

ジョルジェット・ジウジアーロっぽくなってきたような気もします

昔のジウジアーロは結構

角の尖ったデザインが多かったのですが

近年では

フロントからリアまで

淀みなく流れるようなラインのデザインが多い気もします

まぁ

BTTFシリーズで活躍したデロリアン社製DMC-12のように

818c930f.jpg

特徴的なエッジの効いたデザインをしていても

何故か

どこかに曲線を多用したようなラインが存在していたり

現在の国産自動車メーカーが出している

無駄なライン

無意味なデザイン

などがなく

個人的にもジウジアーロは大好きなデザイナーです

今の国産車の多くは

デザインをデザインしようとしたなれの果てにしか見えません

トヨタ

日産

ホンダ

スバル

ダイハツ

一体誰を見てデザインした結果がアレなのか

本当に不思議なクルマ作りをしている気がします



そんな中でも



欧州トヨタのデザインするクルマは好きです

今から12~3年前に梅田OSビルにあったトヨタの展示場

アムラックス大阪でヤリスというクルマが展示されていました
(※閉館していたのを今知りました・・・残念です::)

それは

パステルトーンのコンパクトカーが色鉛筆のように

ホントに綺麗にズラっと展示されていたとても印象的なクルマでした
imagesCAB3JQFB.jpg
欧州名ヤリス

つまり

日本名ヴィッツです


当時はまだヴィッツとして日本では登場しておらず

どこか

当時の日本車にはなかったデザインのクルマでした

そのせいか

しばらくヤリスに釘づけになったのを憶えています


なんといいますか・・・・


一言で表現するとすれば

必要なモノがぎゅっと凝縮

したような感じのクルマでした


余程の大家族でもない限り

クルマに必要な『コンパクト』ってこのことなんだろうなぁ



バカな私でも感じられるデザインでした

結果

ヴィッツとして販売すると爆発的に売れましたよね

みんな

直感的にいいものだと感じたんでしょうかね

当時から

景気も冷え込んでいましたし

経済的にも

家族人数的にも

デザイン的にも

色んな面で受け入れられる「デザイン」だったのかも知れません


現在の軽自動車を含むコンパクトカーを取り巻く環境は

衝突安全基準をクリアするために

昔よりもボディサイズを広げる傾向にあります

それは

室内を衝撃から守るためであったり

対人衝突時には

衝突時の衝撃緩和のためにわざと空間を設けたり

など

など

色々な恩恵があるようです

今のところは

デザインともバランスが取れている気もしますが

いつかは

安全面優先でデザインされる時が来るのかも知れませんね

それはそれで

少し寂しい気もします




スイフトスポーツから大きく話がそれました




要は「デザイン」だと思います

流行を作ろうとするのではなく

初代ヤリスや二代目スイフトシリーズのように

見る人の目線に合ったクルマを

今後も生み出せるかどうかが大切なのだと思います


キープコンセプトしつつも歴代が愛され続けるクルマ


少し前の欧州車がそうであったように

日本でもその流れを汲むデザインを見かけます


軽自動車=スズキ


この流れを払拭したかったスズキは

世界戦略車として二代目スイフトを開発しました

欧州での評価は上々で

日本国内でも日本車離れしたデザインに評価も高いようです


なんでもかんでも


衝撃を吸収することが上質だと思っている日本人には

ある意味で衝撃的で

ある意味ではとても新鮮だったのかも知れません

結構

足回りはカタイと思いますからね


でも


それが

スイフトを代表する様に

操作などにも手応えがある

面白いクルマをスズキが開発出来るという

あまり知られてはいませんが

コンパクトカーの老舗がだした答えの一つのような気もします


市場のニーズを把握し

ファンの気持ちを理解し裏切らず

選んでくれるヒトをしっかり見て

デザインをいい意味で頑固に貫く


試乗してみないと今とは比べられませんが

そんな期待に応える国産メーカーが増えてくれると私が喜びます


最近


クルマの記事が多いのですが

年末から来春にかけてニューモデルのラッシュが始まります

そんな中

魅力的な海外勢に圧されることなく

日本発のデザインを見せつけて欲しいと思う午前3:44でした



6MT化マジうれしい!



blogram投票ボタン
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply