FC2ブログ

Welcome to my blog

死の恐怖

死の恐怖


もう既に

FF14をプレイしているorしていた

多くの方が関連記事へ目を通している事でしょう

keyVisual (800x447)


そのなかでも

4Gamerさんが行ったFF14プロデューサーである

吉田直樹氏へのインタビュー記事にはかなり驚きました

全文を載せる訳にもいかないので↑のリンクから

記事の対談内容はぜひ4Gamerさんでご覧ください


本当に再誕と言ってもいいくらいな内容だと思いました


まぁ

実現可能なところまで来たからこその発表だとは思います

ついでに年末からの課金開始も発表でしたがね



私はoβからの参加だったのですが

それでもFF14が異常な状態だとはスグにわかりました

兎に角


落ちる

ラグる

固まる

UI(笑)



だったのを憶えています



でも

世に溢れる量産MMOには無い

まったく新しい可能性の片鱗も垣間見えました

オートアタック以前のバトルシステム「単体」だけを見れば

更なる可能性へ挑戦するだけの価値があったと思います


その点だけは残念です


とは言え


それ以外のサーバを含め

仕様全てがKUSOとしか言いようのない有様だったのもまた事実です

ペコ貪全盛期でしかもピークタイムの

キャンプ・ブロークンウォーターが好い例でしょうかね


私のいるサロニアではそれほどでもなかったのですが

過密鯖ではリーヴ以前にラグとの戦いだったそうです


懐かしい?です


けれど

それもこれも「新生」FF14になると全てが消えてしまうそうです

今在る世界の「エオルゼア」は新生では消えてしまいます


コピペマップも

アニマ尽きて三都を往復した街道も

絶望しながらたどり着いた未踏のエーテライトも

初期の頃みんなで行った無謀なジャッカル狩りも
(※余裕で狩られました)

ぜ~んぶ

記憶に仕舞い込むしかなくなりそうです


なんだか寂しいのです

でも

新生では

オープンワールド間でのPTマッチングや

鯖の垣根を越えたプレイが可能になるそうです

知り合いも減るかも知れません


けれど


今まで私達がいた阿鼻叫喚のエオルゼアを捨てるだけの価値がある

もっと魅力的な新生エオルゼアへの再誕であることを切に願います

ちなみに課金は御心配なく

元カプ畜の名は伊達じゃない!




P.S.
心中お察しします

たまたまログインした時に話せましたが
リアルと気持ちが落ち着いたら顔を出して下さい
コバルトヴァンプレイスだろうが何だろうがオーダー受け付けますよ^^
また、会いましょう!






blogram投票ボタン
FF14・攻略ブログ


関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted by
FF

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply